スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当法 成立 6月から支給(毎日新聞)

 中学生以下の子どもに1人当たり、月1万3000円を支給する子ども手当法が26日午前、参院本会議で民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決、成立した。子ども手当は民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた目玉政策で、6月から支給が始まる。ただ、11年度以降に満額の2万6000円に引き上げるための財源への不安や、支給対象に対する異論もあり、政府は4月以降、制度の枠組みを練り直す方針だ。

 手当は年4回支給され、6月は4、5月の2カ月分(2万6000円)、10月と11年2月は前月までの4カ月分(5万2000円)、11年6月に2、3月の2カ月分(2万6000円)が支給される。所得制限はない。

 法律は10年度限り。政府は来年の通常国会に11年度以降を対象とした法案を提出する。しかし、11年度に必要な5兆円程度の財源にはメドが立っていない。また、国籍に関係なく親が国内に居住していることが支給要件に含まれるため、海外赴任中の日本人が受給できない一方、在日外国人は子どもを母国に残していても支給されるなどちぐはぐな点もあり、政府は要件の見直しを余儀なくされている。【鈴木直】

【関連ニュース】
国家戦略室:ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当
子ども手当法案:参院で審議入り 国内居住要件は今後検討
余録:子ども手当
<毎日かあさんち>子ども手当&待機児童 09年9月
子ども手当:給食費滞納者は現金で 栃木・足利市、市役所窓口で納付促す

作業前からガス漏れか=ごみ処理場爆発-兵庫(時事通信)
覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」-府警(時事通信)
<雑記帳>「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
<仏頭取り換え訴訟>説明広告の掲載命じる 知財高裁判決(毎日新聞)
高架に車衝突情報、点検で大阪・環状線乱れる(産経新聞)
スポンサーサイト

唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)

 4月1日に投開票が行われる日本医師会会長選挙に立候補している、現職の唐澤祥人氏、茨城県医師会長の原中勝征氏の両陣営は3月20日、副会長以下の役員候補者を、立候補の締め切り日である25日以降に発表する考えを明らかにした。京都府医師会の森洋一氏の陣営は「未定」としている。

 唐澤氏は、従来の「キャビネット選挙」はしない、との考えを改めて示した上で、「手を組めばいい仕事ができる人を代議員の皆さんに伝えたい」と述べた。また、鈴木聰男・選対本部長も、「(役員候補者を示さなければ)誰に投票すればいいのかを聞かれた時に無責任な感じがする」とし、唐澤氏が共に仕事をしたい「チーム」の候補者を発表する考えを示した。人数については定員(副会長3人、常任理事10人)と同数にならない可能性もあるとし、人選では「他(陣営)にもあちこち入っている方はご遠慮願うかもしれない」と述べた。

 唐澤氏同様、キャビネット選挙の見直しを主張している原中氏は、役員候補について「現執行部の中にも会員のために相当働ける人がいる。そういう人には残ってほしい」と述べ、現執行部役員の推薦に含みを持たせた。
 副会長候補については、「(立場や考え方が自分と)別の方が選ばれると会員に迷惑をかけると思う」と述べた上で、定員と同数の3人を推薦する考えを示した。また、常任理事候補については、「別系統から来た人でも一緒にやるつもりだ」と述べた。

■唐澤氏「途中退場はしない」
 唐澤氏は20日の記者会見で、25日までに立候補を辞退するのではないかとの問いに対し、「4月1日を迎えるまで頑張る。絶対に途中で退場することはない」と断言した。


【関連記事】
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏
キャビネット選挙どうする? 日医会長選3候補が見解
「民主党に物が言えるのは私だけ」-日医会長選、原中候補が主張
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説

強風にあおられ男性転倒、後頭部打ち病院へ(読売新聞)
遅刻で引責?定期人事?総務省課長の異動が波紋(読売新聞)
<囲碁>飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
製造番号確認で盗品排除を=ネット出品のカーナビ-警察庁の懇談会が提言(時事通信)
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」(J-CASTニュース)

水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)

 水の事故ゼロを目指す官民一体の組織「ウオーターセイフティ ニッポン(WSN)」が24日、設立された。日本財団や海洋政策研究財団、ブルーシー・アンド・グリーンランド財団など7団体が発起人となり、ニュージーランドで先進的な取り組みを続ける「ウオーターセイフティ ニュージーランド(WSNZ)」も支援する。

 WSNは、官庁や警察・消防、教育機関などに参加を呼びかけ、水難事故の調査・分析や、学校での安全教育などの運動を展開。平成20年度に約830人だった水死者を25年度には3割減の580人以下に、30年度には半減させるとの目標を掲げている。

 日本財団の笹川陽平会長は「危険という理由で、子供が水辺から離れている。正しい知識を持ち、水に親しんでほしい」と語った。

 また、WSNZのアラン・ミューラー専務理事は「WSNZの活動などで、ニュージーランドの年間水死者が20年間で半減した。ノウハウを提供したい」と話し、シドニー五輪の水泳でメダルを獲得した中村真衣さんや、タレントでマラソンランナーの谷川真理さんも活動を応援した。

【関連記事】
水難事故ゼロへノウハウ学ぶ B&G財団がNZ団体と業務提携
「漂着物に触らないで」 海水浴で国交省が呼びかけ
連休最終日、水の事故相次ぐ 千葉で1人死亡、新潟で1人不明
兵庫・佐用町、台風被害から半年 癒えぬ甚大な被害の傷
「警報」「注意報」市町村単位で発表へ 気象庁、5月から
あれから、15年 地下鉄サリン事件

鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待-国際チーム(時事通信)
警察官の偽証「違法」=道に賠償命令-「おとり捜査」訴訟・札幌地裁(時事通信)
<東京コレクション・ウィーク>秋冬物新作続々 26日まで(毎日新聞)
来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」(医療介護CBニュース)

法務省広島矯正管区の総務課長、酔って車ける(読売新聞)

 広島県警広島西署は18日、法務省広島矯正管区総務課長蔵内敏博容疑者(55)(広島市西区己斐西町)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、蔵内容疑者は17日午後11時55分頃、広島市西区己斐本町の駐車場で、市内の会社役員男性(61)の軽ワゴン車をけり、前部のバンパーなどを壊した疑い。近くの居酒屋店員が目撃して110番した後、同容疑者を取り押さえ、駆けつけた同署員に引き渡した。

 蔵内容疑者は当時酒に酔っていたといい、調べに対して、「覚えていない」と話しているという。

 広島矯正管区によると、蔵内容疑者は1973年に採用され、昨年4月から総務課長として広報などを担当。同管区の西岡慎介職員課長は「逮捕は遺憾。事実関係を確認調査の上、適切に対処したい」としている。

報道陣に公開 大阪・堺に西日本初のサッカー・トレセン 育て日本代表(産経新聞)
福岡切断遺体、女性帰宅後連れ去りか(読売新聞)
「ガンブラー」、サーバーは独仏など5か国(読売新聞)
【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)

死亡した男児、愛情遮断症候群か 低身長の要因に 奈良の餓死事件(産経新聞)

 奈良県桜井市の男児餓死事件で、死亡した吉田智樹ちゃん(5)が親からの愛情を受けられないため、身長や体重が伸び悩む「愛情遮断症候群」に陥っていた可能性があることが16日、捜査関係者の話で分かった。母親のパート従業員、眞朱容疑者(26)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=は約3年前から智樹ちゃんに暴力を振るい始めたと供述。死亡時の智樹ちゃんの身長は2歳児程度で、県警は智樹ちゃんが当時から十分な愛情を与えられず、成長が滞ったとみている。

 愛情遮断症候群は、親が無関心だったり体罰を与えたりすることで乳幼児がストレスを感じ、身長や体重などの発育が滞る症状。死亡時の智樹ちゃんの身長は85センチで、厚生労働省が公表している2歳~2歳半の男児の平均(平成12年で87・1センチ)に近かった。

 捜査関係者によると、眞朱容疑者は智樹ちゃんの食事について「パートを始めた昨年5月から、おにぎり2個と水だけ置いて出勤するようになった」と供述。智樹ちゃんが5歳の誕生日を目前にした時期で、県警は、この時期以降の欠食だけでは低身長の説明がつかないと判断。すでに愛情遮断症候群で発育が滞っていたとの見方を強めている。

 津崎哲郎・花園大教授(児童福祉論)は「乳幼児虐待事件では、愛情遮断症候群がしばしば見られる。暴力や育児放棄が本格的に始まる以前から、智樹ちゃんは親の『愛情がわかない』という感情を敏感に感じ取り、正常な発育が阻害されたと考えられる」と話している。

【関連記事】
男児餓死事件 妻がロフトに軟禁状態 夫は黙認
奈良男児餓死 男児の悲鳴を住宅管理会社に連絡 騒音として処理
奈良男児餓死 県が未就園児の把握調査を検討
奈良県警、育児放棄期間特定へ 5歳男児餓死
奈良の男児餓死事件 両親泣きじゃくり後悔
20年後、日本はありますか?

民主の比例新人が勉強会(産経新聞)
<訃報>月城彰子さん89歳=元女優(毎日新聞)
鳩山邦夫氏、与謝野元財務相らと短時間会談(読売新聞)
<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕(産経新聞)

「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「厚生科学審議会感染症分科会結核部会」が3月12日、同省内で開かれ、2007年に策定された「結核に関する特定感染症予防指針」について、年内をめどに見直しに向けた議論を取りまとめることを決めた。

 部会では、「結核に関する特定感染症予防指針」で示された目標の達成状況について、自治体からのヒアリングなどによって年内に把握することを決定。さらに同指針の方向性や目標については、ヒアリングの結果に加えて、大阪市や米国のCDC(疾病予防管理センター)などの先進事例も参考にしつつ、見直しに向けた議論を行い、年内をめどに議論の内容を取りまとめることを決めた。坂谷光則部会長(国立病院機構近畿中央胸部疾患センター院長)は、「結核を減らすには、目標の項目と数値を決めた上で、それを実現する戦略を練る必要がある。本腰を入れて考えたい」と述べた。

 また、意見交換では「結核を診断できる医師は少ない。どこにでも結核を診断できる医師がいるという前提で(さまざまな対策を)考えるのは間違い」(飯沼雅朗・日本医師会常任理事)、「結核病床は満床なのに、呼吸器科のドクターがいないなどの理由から、(結核病床を)減らさざるを得なかった例もある」(丹野瑳喜子・埼玉県川口保健所長)など、結核を診断・治療できる医師が不足している点を問題視する声が相次いだ。


【関連記事】
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都
結核医療は「曲がり角」
「ユニット化病床」などで議論-厚労省・結核部会
新たな結核患者、9年連続で減少
結核制圧へ「都市での対策重要」―WHO神戸所長が講演

<輿石参院議員>農地を無断で車庫や舗装路に 法律に違反(毎日新聞)
MDMA譲渡の泉田被告に懲役1年 「押尾被告が使用して女性死亡」と指摘(産経新聞)
勤務中に株、競馬 消防署長と副署長 吹田南署(産経新聞)
<養殖アユ>すくすく育ち、もうすぐ放流 岐阜・美濃(毎日新聞)
<マンホール事故>酸欠か 作業員2人死亡 埼玉・日高(毎日新聞)

奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)

 13日午前10時10分ごろ、奈良市の奈良公園内にある春日大社の表参道で、ボーガン(洋弓)の矢が刺さった雌ジカがいるのを参拝客の男性が発見した。シカは保護され、矢は抜かれたが重傷。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良県警奈良署は文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で捜査している。

 同署によると、被害にあったシカは10歳ほどで、体長約130センチ、約44キロ。矢は鉄製で、全長約52センチのうち約24センチが左腹に刺さっていた。

 シカを保護している「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、03年にボーガン、08年には漁具のヤスが刺さったシカが見つかっている。同会総務課の福本千春さん(28)は「抵抗できない弱い立場のシカをあえて攻撃するのは残念。早く元気になって公園に戻ってほしい」と話している。【大森治幸】

【関連ニュース】
<シカ受難>エゾシカ、列車に追われてトンネルに
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園
<生きもの危機> 雪減りシカ急増、食害すすむ尾瀬

<トキ>9羽の死 順化ケージの金網に62カ所のすき間(毎日新聞)
首相動静(3月11日)(時事通信)
<スカイマーク>機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意(毎日新聞)
朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
<宇高航路>廃止届を取り下げ 運航の「四国フェリー」(毎日新聞)

菅副総理「信頼取り戻せる」 内閣支持率下落(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は9日午前の記者会見で、内閣支持率が下落傾向にあることについて「政治とカネの問題を含め国民から厳しい見方をされているとよく認識している。年金や財政問題など、これまで進んでこなかった問題に真正面から取り組むことで信頼は取り戻せる」と語った。

【関連記事】
小沢氏らの進退、検討の必要性に言及 内閣支持率低下で前原国交相
民主が「議員政策研究会」 政調復活要求への苦肉の策 くすぶる反発 
自民・中川氏「支持率、顔より政策」 与謝野氏とは一線
小沢氏、内閣・民主支持率低下でも「参院選とは別次元」
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<iTunes>消費者庁が再度質問状 音楽配信不正請求(毎日新聞)
小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)
ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)
退職金の上積み検討を=天下りの根絶で提案-前原国交相(時事通信)
ロバート秋山さん、玉突きで軽傷=インパルス堤下さんの車も-東京(時事通信)

石原軍団・池田努、線路から男性救出「当然のことをした」(産経新聞)

 港区の東京メトロ銀座線表参道駅で4日、線路上に転落した男性(71)を救助したなどとして、東京消防庁は5日、石原プロモーション所属の俳優、池田努さん(31)ら3人に感謝状を贈ることを明らかにした。

 同庁などによると、池田さんは4日午後9時10分ごろ、男性が線路に転落しているのを発見。会社員の秋山佳範さん(23)とともに線路に飛び降り、男性をホームに引き上げた。近くにいた医師が応急処置を施して救急隊に引き継いだ。男性は頭を負傷したが命に別条はない。東京メトロによると、当時、渋谷行きの電車が同駅の約420メートル手前まで接近し、約1分後に到着予定だったが、転落に気付いた乗客が非常停止ボタンを押して緊急停止した。

 池田さんは平成12年にデビューし、テレビドラマ「弟」(16年)などに出演した。池田さんは「とっさのことですが、当然のことをしたと思います。転落されたお方に、大きなけがはないとお聞きして、安心しました」とコメントした。

【関連記事】
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
新幹線非常用ドアコック改良 自殺防止などに効果

再生エネ最大1・4兆円 電力買い取り費 家計の負担増加も(産経新聞)
<桜開花日>数日早まる予想 日本気象協会など3機関(毎日新聞)
<事業仕分け>「7基準」該当は3852法人(毎日新聞)
ドコモかソフトバンクか 「iPad」搭載の通信キャリアが焦点(産経新聞)
<気象庁>データ誤入力で民間機が着陸やり直す 松本空港(毎日新聞)

12日にも活動家の男逮捕へ=SSの捕鯨船侵入-海保(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の活動家が日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入した問題で、海上保安庁は7日までに、現在日本に向かっている同船が到着し次第、船内で保護されている活動家の男を艦船侵入容疑で逮捕する方針を固めた。同船は12日にも東京港か横浜港に入港する見通し。
 第3管区海上保安本部東京海上保安部が身柄を拘束し、一連の調査捕鯨妨害についても調べる。
 関係者によると、男はニュージーランド船籍の「アディ・ギル(AG)」号の同国籍の船長で、先月15日午前9時ごろ、水上バイクで近づき、第2昭南丸に侵入。AG号は1月6日に昭南丸に衝突して大破しており、同号への損害賠償を要求している。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
反捕鯨団体の船を捜索=豪警察、日本の要請受け
商業捕鯨再開へ譲歩も=農水相

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件-監視委(時事通信)
現行案断念「伝えてない」=普天間、鳩山首相が強調(時事通信)
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席-東京地裁(時事通信)
出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査-大阪府警(時事通信)

<大津波・津波警報>北海道と青森間特急列車など84本運休(毎日新聞)

 チリ地震に伴う津波警報・注意報の発令を受け、北海道太平洋側の釧路や函館を結ぶ札幌発着の特急列車や、函館と青森県・八戸間を結ぶ特急列車などで運休が発生。28日午後1時15分現在で計84本の運休が決まった。

 JR北海道によると、運転見合わせているのは▽日高線▽花咲線▽江差線▽津軽海峡線--の全線。函館線▽室蘭線▽根室線▽釧網線--の一部区間。警報が出ている方面を中心に、運休はさらに増え続ける見込み。

 道警によると午後1時現在、国道244号(根室管内別海町)や国道38号(十勝管内浦幌町-釧路市)が通行止めとなっているほか、道道3本も通行止めとなっている。【仲田力行、木村光則】

【関連ニュース】
【写真特集】大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫
【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる
【写真特集】チリでM8.8の大地震
<昭和毎日>チリ地震津波、三陸を襲う(1960年5月24日)
質問なるほドリ:津波の高さってどうやって測るの?

川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)
張・新棋聖誕生、7大タイトル制覇(読売新聞)
<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
<津波>4万世帯以上に避難勧告など 過去に被害の和歌山(毎日新聞)
「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)

衆院文科委 朝鮮学校あす視察(産経新聞)

 衆院文部科学委員会(田中真紀子委員長)は1日、東京都北区の朝鮮中高級学校を3日に視察することを決めた。国会の常任委員会による朝鮮学校の視察は極めて異例。朝鮮学校は、同委で審議される高校授業料無償化法案をめぐって、無償化の対象になるかどうかが議論になっている。

 視察では、授業を見学するほか、教育内容についても学校関係者から説明を受ける予定。このほか、ドイツ人学校の「東京横浜独逸学園」(横浜市都筑区)と東京都世田谷区医師会立看護高等専修学校(世田谷区)も視察するが、朝鮮学校への視察は自民、公明両党が強く要望した。

 政府は、高校授業料無償化の対象に朝鮮学校を含めるかについては結論を出していないが、鳩山由紀夫首相は「国交がない国だからどういう教科内容かも調べようがない」と除外すべきだとの意向を示している。

 この問題は、中井洽(ひろし)拉致問題担当相が「(北朝鮮に)制裁をかけていることを考慮すべきだ」として、川端達夫文部科学相に適用除外を要請している。これに対し、朝鮮学校側は強く反発している。

<女性死亡>息子2人も刺され負傷 倉敷・全焼民家で(毎日新聞)
高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策-衆院(時事通信)
22年度予算案、年度内成立が確実に(産経新聞)
<海難>台湾漁船から機関長が不明に 宮城の金華山沖で(毎日新聞)
主要施策初、子ども手当審議入り(産経新聞)

毎日俳句大賞 隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)

 第13回毎日俳句大賞(毎日新聞社主催)の表彰式が1日、東京都千代田区の如水会館で開かれた。「大阿蘇の山懐へ帰省かな」で大賞に輝いた隗(かい)一骨さん(68)=横浜市戸塚区=をはじめ、受賞者らが出席。菊池哲郎・毎日新聞社常務取締役・主筆があいさつした後、隗さんは「私にとって故郷に近い阿蘇山は心の山。これからも折に触れて阿蘇を詠みたい」と喜びを語った。隗さんの句について、選者の小川軽舟さんは「明るく伸びやかな調べに、阿蘇を前にした喜び、古里に帰ってきた喜びが表れている」と評価した。

 「さかあがりできたらせみがなきやんだ」で「こどもの部」最優秀賞に選ばれた泉野月花さん(6)=大阪市住吉区=は「公園で逆上がりの練習をしていた時にできた俳句です。今ではバッチリできるようになりました」と話し、拍手を受けた。英語の作品で「国際こどもの部」最優秀賞を受けた東海大相模高1年、古屋友輝さん(16)=神奈川県小田原市=は「中学の修学旅行で訪れた奈良での体験を題材に作った。もっと英語のスキルを高めたい」と語った。

【関連ニュース】
医療事故書籍:集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定
毎日育英会奨学生:卒業祝賀会を東京で開催
別大毎日:広瀬・大分県知事、市民マラソン化を提案
毎日・DAS高校生デザイン賞:大阪で表彰式
訃報:小林治雄さん84歳=毎日新聞に「ヒトクチ漫画」

大津波・津波警報 東京都・南鳥島で10センチの津波観測(毎日新聞)
<沖縄震度5弱>女性2人が軽傷 水道管破裂や倒木も(毎日新聞)
APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関(時事通信)
出頭要請14回無視、スピード違反の男逮捕(読売新聞)
<転倒事故>電車ドアにステッキ挟まり男性骨折 東京・足立(毎日新聞)

都公立教員のわいせつ 4割は勤務先の児童、生徒被害(産経新聞)

 ■小中、体育館など“死角”で多発

 東京都内の公立学校の教員によるわいせつ事案では、勤務先の児童や生徒が被害に遭う割合は40%と最多で、勤務先以外を含めると子供の被害は全体の56%に上ることが23日、分かった。都教委が教員の不祥事について独自に分析結果をまとめたもので、体育館や特別教室などの他と“死角”になる場所での発生も目立っている。

 都教委によると、わいせつ事案で小中学生が被害者となるケースの約6割が勤務先の校内で発生。特に体育館や特別教室など他の場所と隔離された場所で起きていた。

 一方、高校生が被害者となる場合は、ホテルや車中が多く、携帯電話のメールから事故につながるケースが多く見られた。全体では、過去5年間のわいせつ事案のうち、性的行為と痴漢を合わせると9割近くを占めており、次いで盗撮が多かった。

 また、個人情報の紛失は平成17年度の9件から、20年度には40件と4倍以上に急増。全体の58%が電車内や飲食店など学校外で発生し、USBメモリなど電子媒体が紛失の大半を占めていた。紛失時期は3~4月と10月に集中しており、年度初めや夏休みを挟んだ新学期に起きやすい傾向がみられた。

 都教委が教員1万人当たりの不祥事発生率について全国との比較分析したところ、「わいせつ」「個人情報紛失」「体罰」「会計事故」の4大服務事故の発生率で、東京はいずれも全国平均を上回り、交通事故を除いた不祥事発生率でも全国の約1・7倍だった。

 また、都と同様、大都市を抱える大阪府や神奈川県との比較では、東京は4大服務事故すべての発生率で大阪を超え、個人情報の紛失を除いた項目で神奈川を上回っていた。

<裁判員裁判>死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件(毎日新聞)
久保棋王の勝利で1勝1敗(産経新聞)
亀井氏が信金・信組に優遇措置 郵貯限度額引き上げで「アメ」(J-CASTニュース)
【東京マラソン2010】石原都知事に「来年走りますか?」(レスポンス)
鳥取選出・石破氏「チベット発言」に怒る(読売新聞)

<雑記帳>雪合戦の国際大会、壮瞥町で開幕…北海道(毎日新聞)

 第22回昭和新山国際雪合戦が27日、北海道壮瞥町で始まり、一般128、レディース24の計152チームが出場した。

 海外からは北欧大会のチャンピオン・スウェーデンチームなどが参加。さらに国際協力機構(JICA)研修生チームはブラジル、パラグアイ、アルゼンチンなど多国籍の混成で挑み、国際色豊かな大会になった。

 国内からは日本航空従業員中心のチームの助っ人として、女子スキージャンプの元選手、山田いずみさん(31)が初参戦。大会関係者は「五輪正式種目が夢」と話しており、山田さんは「女子ジャンプとの共通性を感じました」。【新庄順一】

【関連ニュース】
インドネシア:熱帯雨林が温室ガス排出? 北大など研究
ハイチ大地震:JICA医療チームが到着 本格救援開始へ
温室効果ガス:排出、インドネシアの熱帯雨林から? 北大など研究
国連平和大学:名取の鎌田さん、4月から平和学修士コースに留学 /宮城
Watch!:アフガン女性の地位向上目指す 農村部などに視察団 /大阪

マック偽造優待券一千万円分、重くてバレた(読売新聞)
「容疑者国選弁護」で水増し請求 岡山の弁護士逮捕(産経新聞)
<薬事法違反>バイアグラ広告送付容疑で逮捕 新潟県警(毎日新聞)
【探訪 生物多様性 支え合ういのち】新潟県佐渡市 トキ(産経新聞)
高齢者が7割、過去最高=点検商法・押し売りの被害-食品偽装も最多・警察庁(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターしげるもりた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。